狼好きの生活

ここは「とある狼好き」の日々を綴ったブログです。 結構かわいそうな境遇の狼を助けるために、 狼の良さを日々伝えていきたいとおもいます。 内容的には日記とアニメ感想、バトンが主です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

フォトアルバム”トラベル オブ オーストラリア”第二章「ブリスベン」

やっと・・・編集終わった。なんで、早いとこ更新しちゃいましょう。
さーて、本日は第二章と題しまして、
オーストラリア旅行の2日目を紹介したいと思います。
正直なところ、昨日の「新魔界大冒険」の感想も
書かなきゃいけないんですが・・・
まあ、こっちのほうがこのブログを見てくれる
インターネットサーファーさんのために、こちらから先に更新します。
早く3日目も書きたいんですが・・・時間の関係で1日1章ずつしか更新できません。
もうすぐ全てが終わるので、待っててください。
それでは、下をどうぞ。





2008年3月9日、日曜日。
この日の朝は機内でした。昨日は11時に寝て、
3時に目が覚めてしまいました。
実質、4時間程度しかねてないんですね・・・
起きてしばらくたつと、機内食が・・・
つか、時間早!!
だいたい4時くらいだったと思うんですが、この時間
頭が起きていても、胃は寝てます。
こんな時間に朝飯って・・・
生活習慣狂っちゃいますよ・・・
しかも、なんかぱさぱさのオムレツ・・・
ものすごくまずくて、少ししか食ってません。
まあ、後に紹介する昼飯がやばかったので、文句なしですが・・・
そして、そのときに見えた空の風景がこちら。
オーストラリア11

窓の隣じゃなかったんですが、がんばって撮ってみました。
とてつもなく空のグラデーションが綺麗でした。
そして、6時ごろ、ようやくブリスベンに到着しました。
そこで入国手続きを済ませ・・・
オーストラリア12

ブリスベン空港です。人がかなり多かったです。
その後、バスに乗り込み、眠いのに全く眠れず、
市外観光へ出かけました。
オーストラリア13

緑豊かだな~
なんか空気がまったりしてました。ニホンと違い、スローな感じ。
そして、走っていると、こんな風景を見つけました。
オーストラリア14

うわ~!!本物のヤシの木だ~!!
ものすごく興奮しました。何しろ、本物のヤシの木を見たのは
初めてでしたから・・・
そういえば、向こうも日本と同じく右側通行でした。
なんか軽い感じでした。
オーストラリア15

時計台です。ブリスベンの旧市役所やら何やらと言ってました。
ガイドさんがね・・・(ちなみにガイドさん日本人で、佐藤という苗字でした。
リアル鬼ごっこの対象だ~!って一瞬思いました。)
オーストラリア16

向こうって案外高層ビルとかたくさんありました。
名古屋より高いビルがボンボン建ってました。
その後、お店に行って、初めてドルで買い物しました。
ちなみに、交換レートは109円で1ドルです。
コレを変えたころは、まだドル安じゃなかったみたい・・・
そして、バスに揺られること1時間、
オーストラリア17

マウントクーサに到着!!
ここはこのブリスベンやケアンズの属する
クイーンズランド州で一番高い山らしいです。
コレで一番高いって・・・そんなにオーストラリアは平坦な
大陸なのかな?今度調べてみよう。
そこにあったおみあげを買って、いよいよごはん!!
オーストラリア18

うひゃ~!うまそう!!
ものすごくおいしかったステーキです。やばかったですよ、
この味。朝飯がひどかったので、感動してしまいました。
ここで、カメラの電池が切れてしまいました。
昨日と今日で300枚近くとったもので・・・
このあと、クイーンズランド博物館へいったんですが、
凄かったですよ、あそこ。
めっチャカッコいい鷲か鷹みたいなのもあって、
世界最大でギネスにのっている大きなゴキブリがいました。
それに、ネコ科動物の標本がたくさんありました、
狼はない・・・
やっぱり世界では「ライオン王説」のほうが有力ですね。
このような世界を変えるのも、私の役目。
がんばります。
その後、公園に行って、フリマなどで買い物をしました。
そして、やっとホテルに到着。
泊まったのは「リッジズサウスバンクホテル」です。
オーストラリア19

なんかクソいい部屋でした。
この日の夕食は、鮭だったんですが・・・
やば二ガイきのこもありました。
まあ、そんな感じで2日目は終わりました。
次回もお楽しみに。
スポンサーサイト
フォトアルバム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フォトアルバム”トラベル オブ オーストラリア”第三章「キリスト教の学校」 | HOME | 究極の四美一体、ポケモンレンジャー、波動のリオル 感想。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。