狼好きの生活

ここは「とある狼好き」の日々を綴ったブログです。 結構かわいそうな境遇の狼を助けるために、 狼の良さを日々伝えていきたいとおもいます。 内容的には日記とアニメ感想、バトンが主です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

フォトアルバム”トラベル オブ オーストラリア”第四章「砂の島」

フォトアルバム”トラベル オブ オーストラリア”第四章「砂の島」
やっと編集終わったので、公開したいと思います。
オーストラリア報告会もこれで4回目。
今日はメインイベントのフレーザー島旅行記を書きます。
それではどうぞ。
この日は、4時半に起きました。
その割には全然眠くなかったです。
オーストラリア22

始まりを告げる朝焼け!
そんなわけでフレーザー島へのはるかなる旅が始まりました。
まず驚いたのが、向こうの高速道路は・・・
オーストラリア23

自然たっぷり!
さらに・・・
オーストラリア24

広大な草原!
それ以外にも牧場とかもありました。
しかし凄いな~。日本だったら周りは街ですからね。
走りながら馬や牛を見られるなんて・・・
楽しいな~。
二時間後、サービスエリアらしきところで
休憩。ここ、マジで凄かった。
オーストラリア25

サービスエリアに湖!?
ヤシの木がいかにも南国風なところでした。
湖の対岸には牧場もありました。
すごいな~。オーストラリア。
そして、ヤシのみを発見しましたが・・・
オーストラリア26

小さ!!
ヤシのみって、もっと大きいと思ってたのに・・・
なんていってたら、先生が教えてくれました。
どうやらあの飲めるヤシのみとは違う種類らしいです。
って、よくよく考えたら分かることかも・・・


そして、どんどん走っていきます。そうすると・・・
こんな景色が・・・
オーストラリア27

木が整列してる!!
綺麗過ぎない?ちょっと・・・
オーストラリアの森は規則正しく並ぶ癖があるのかな?
って・・・ただの人工林だわ!!
そして、どんどん島に近づいてきました。
オーストラリア28

雪?砂?どっち!!
本気で考えましたが、こんな暑いところに雪があるはずないし・・・
砂ですよね。もちろん、しかし綺麗な砂ですな~
そして、私たちの乗ったバスは海付近まで来ました。
ここで、ジープに乗り換えました。
戦地に赴くように座りました(必ず帰ってくるからね!)
そのジープで普通の道をしばらく走り、砂浜に到着しました。
そこから船に乗り、ジープごとフレーザー島まで
運んでもらいました。
そして・・・
オーストラリア29

ミステリアスなフレーザー島
観光ツアーの始まりだ~!!

って、最初はよかったんですが・・・
オーストラリア30

砂埃すご!!
前が見えなくなってしまいました。
前には別のジープが走ってるんですが・・・
しかも・・・ものすごいゆれるんですよ。
私、酔いには強い(酒を除く)はずなんですが、
だんだん気持ち悪くなってきました。
特に最後のほうなんて・・・
吐きそうなほど酔いました!
海の近くも走ったので、水しぶきも入ってきましたし、
さらに、途中街みたいなところに入ったんですが、
そのエントランスに洗車用と思われる
スプリンクラーというか、ホースみたいな
水を出すやつがあって、私の友人が
窓開けてたもんで・・・
車内の人々、みんな
ビショぬれでした!

その後、山の中に入っていったんですが、
すごかったですよ。マジで。
私のジープ内からも2人くらい吐いた人がいました。
そして、多大な犠牲を払いながら・・・
オーストラリア32

やっと着いた!
きれいな木でした。本当にオーストラリアの
植物は個性的でした。
オーストラリア31

木が木に巻きついていました。
オーストラリア33

森林の中はこんな感じです。
しかし、森の中も砂だらけで、
本当に「世界最大の砂の島なんだな~」という
実感沸きました。
しばらく歩くと、開けたところに出ました。
オーストラリア34

向こうのまつぼっくりです。
ちくちくして痛かったです。
それに、けっこうずっしりしてました。
日本とは種類が違うんですね、たぶん。
そして、変な植物を見つけました。

オーストラリア35

なんか凄い植物だな!
ガイドさん曰く、鹿の角に似てるので『ディアーホーン』とかいうらしいです。
木に寄生してるみたいに見えるんですが、
実はくっついてるだけで、養分を横取りしてるわけじゃなく
自分でとってるらしいです。
いわゆる共存ってやつですかね?
ここで、ランチをとってたら・・・
オーストラリア36

で・・・でか!!
でかいトカゲですな~日本のあのちびっこいやつ
とは全然違います。最大2メートルくらいのやつも
いるそうな・・・
そして、再度ジープに乗り込み、少し走ると。
オーストラリア37

湖だ~!!
凄くきれいでした。私はその後、泳いでたんですが・・・
ついに・・・やばいものに遭遇してしまいました。
オーストラリア38

ディンゴ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
出現したときは、まだ泳いでいて、
大慌てで荷物のところまで戻り、カメラを構えたら
ぎりぎり間に合いました。
次は防水カメラを買おっかな?
でも、本当に運がよかった。
オーストラリア版狼といわれるディンゴちゃんに会えて。
これで、私のビンゴカードがビンゴしました。
ディンゴでビンゴ
なんちゃって・・・
これでフレーザー島の冒険は終わり!あとは帰路を辿るだけです。
帰り道、再びあのサービスエリアで休憩しました。
そのときに、こんなナイスショットを取りました。
オーストラリア39

きれいですな~。自分でもうっとりです。
帰るころには真っ暗でした。
そして、それぞれのホームステイ先に帰り、
今日が終わりました。
ただ・・・ひとついいたいのが・・・
あのジープ、何とかならないか?



スポンサーサイト
フォトアルバム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<100年ぶりのバトン | HOME | フォトアルバム”トラベル オブ オーストラリア”第三章「キリスト教の学校」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。